達成する目標のたて方

達成する目標のたて方

インスピレーションを得る
Copied !

お正月が明けてから1週間以上が経とうとしていますが、皆さん、新年の抱負は決まりましたか。規則正しい睡眠をとる、健康的な食事を心がける、毎日日記をつけるなど、あなたの今年の抱負がなんであれ、新しいルーチンを元旦当日から始めるのはなかなか難しいですよね。

お正月中は、家族や友人で集まり、遅くまで起きて普段より多くのアルコールやカロリーを摂取することもあるでしょう。今もう一度、お正月に立てた今年の抱負を見直してみませんか。今回は、成功するための目標の立て方を皆さんにご提案したいと思います。

 

目標を書き留める

『Psychology Today』 によれば、目標を設定するための最初のステップは、それを書き留めることだという事です。目標を設定する際のヒントとしては、達成可能で、ポジティブで、具体的でなければいけないという事。つまり、体重を減らしたいのであれば、単に「痩せる」と書くのではなく、具体的に何キロ減量したいのか、いつまでに減量したいのかを明確にする事が目標を達成するためのキーです。

あなたが設定した目標が実際に達成可能かどうかを判断するもう1つの方法は、S.M.A.R.Tのガイドラインに従うことです。『CDC:アメリカ疾病予防管理センター』によれば、S.M.A.R.T.な目標とは、Specific (具体的)、Measurable (測定可能)、Achievable (達成可能)、Relevant (適切)、Time-bound (時間に拘束される) ような目標でなければいけません。この理論に従って、いついつまでに達成したい、現実的な目標を設定し、進捗を管理する方法があることを確認してください。5年間運動を全くしていなかったあなたがいきなり毎日ジムに通う!という目標を設定するのは少し無謀で、より達成可能な目標にするために微調整を加える必要があるかもしれません。

試運転期間を導入する

目標を立てたら、達成するために必要な計画を立てます。健康的な食事をするためには、どのような準備が必要か、また、夜の散歩や朝の瞑想など新しく実行したい習慣をあなたのスケジュールに組み込んでおく事が重要です。そして、新たに変更を加えたライフスタイルを実際にテストしてみて、現実的であるかどうかを判断し、その後、調整が必要があるかどうかを確認します。このステップを加える事で、あなたは無理をせずに目標に挑み続ける事ができます。

しかし、今までの習慣を変えることは予想以上に難しいことです。中には一晩で、劇的な変化を加えて、ライフスタイルを完全に変えて、大成功を収める人もいるかもしれません。こういったアプローチのメリットは、メリットを感じやすく、より早く結果を確認する事ができるため、そう言った意味でモチベーションを維持しやすいことです。しかし、ほとんどの人にとって、最初の強い決意は1週間ほどで薄れてしまいます。

多くの人にとって、小さいステップから始める方法が、長期的には良い戦略となります。つまり、もともとジャンクフードが大好きな人が、いきなりケールサラダを食べ、ジムに入り浸る生活に変える必要はありません。その代わりに、ソーダをやめる、または毎晩10分歩くことなど、毎週実行可能な小さな変化を加えるようにしましょう。こういった小さな変化は、はるかに結果に期待ができ、途中で余裕をなくすこともありません。

忘れてはいけないのが、あなたの目標は、体重を減らすためのクラッシュダイエットなどの一時的なものであってはなりません。長期にわたって、一生かけてでも続けられる長期的な計画でなくてはなりません。

 

習慣化する

目標を定めて必要な微調整を加えたらあとは目標に向かって動き始めましょう。少しずつですがあなたの新しいライフスタイルの変化にも慣れて、自信をもつ事ができるようになるでしょう。

さあ、新年の抱負がすでに決まっている人は、まずはノートブックとカレンダーを手に取ってそれを書きこんでみましょう。

Loading Article...